法律相談の内容の中、意外に多いのは離婚を含む身分法上の問題が多いです。協議離婚を求めるケースが多いです。

法律相談を受けたいならネットで検索
TOPICS法律相談を受けたいならネットで検索

身分法上の法律相談も、一般的に多いです。

人が極普通に日常の生活を過ごすと言うのは、必要としている、必要していないに関わらず、付いて回るのは法律の問題です。日本と言う法治国家の暮らす以上、法律家ら離れて暮らすことは出来ません。人が生活する、つまり生きると言う事は、生まれてから死亡するまで、すべての事柄に亘って法律が関与すると言う事です。人が生まれば、戸籍法に法り出生届を役所に提出します。そして、人生の節目節目に、戸籍法による届を必要とします。もちろん、身分法としての結婚届けや離婚届もこの範疇に入ります。身分法も含めて、法律の下で暮らしていると言い換えられます。法律相談となると、こうした身分法上の相談が多いです。その相談内容も、婚姻より離婚の方が相談件数も多いです。身分法の問題と金銭問題と2つの問題を法律的な解決する必要が生じます。

時には、離婚を求めて訴訟になることもあります。裁判をしてまで、離婚したと思っている方が多いのも現実です。新しい暮らしを求める上で、戸籍の上ですっきりさせたいと感じている方が多いからです。離婚問題も多くが、訴訟になるより、当事者間もしくは、弁護士や裁判所仲介の中で、和解もしくは円満離婚と言う形を取ることが、一般的に多いと言えます。両者の立場を考慮して、一番いい形で離婚が成立する事が望ましいと考えるからです。その為の法律相談と言う事になります。

おすすめリンク