法律相談で多いのは、隣接する土地に関する相談が意外に多いと言う事です。隣人関係こそ、法律以外で解決が必要です。

法律相談を受けたいならネットで検索
TOPICS法律相談を受けたいならネットで検索

隣地とのトラブルの法律相談も多いです。

法律相談の内容は多岐に分かれます。離婚問題の身分法の問題から、税金の税の問題、はたまた土地売買の登記の問題と、日常の生活がすべて法律の中にあり、法律に関して専門家に相談を要する必要に迫られるのか、分かりません。人事でなく、明日は我が身の事と肝に銘じなければなりません。そんな中、誰にでも関係するのが、隣人との法律問題です。土地を所有していると、いつも生じる問題の一つに土地の問題があります。自分の所有する土地が隣地と隣接していると、その境界線は曖昧になる事が多いです。通常は、登記所、つまり法務局の管轄内に、土地の測量図があり、表示の登記の土地測量図に、その土地の計測された図票が収められています。この台帳ならびに、公図の計測位置から、その土地の計測図を図ることが出来ます。

ですから、基本土地の計測に関して不正をなす事ができないのが通例です。しかし、長年の通例で、その土地を超えて建物が建っていたり、樹木が大きくなって、計測した物と現地が一致していないことが多くなれます。こうした時、土地の所有をめぐって問題が生じます。このような土地に関する法律相談も日常的です。土地家屋調査士や測量士の協力の下、機器を使っての正確な測量を、権利関係に表記すべき問題解決が図られています。

おすすめリンク