相続放棄は色々な手続きが必要で、色々と素人には難しいので法律相談で法律のプロに相談をしましょう。

法律相談を受けたいならネットで検索
TOPICS法律相談を受けたいならネットで検索

相続放棄の問題も法律相談で解決しましょう。

相続というと、資産を引き継ぐというプラスのイメージを抱きがちですが、負債も相続されてしまうというマイナスな一面もあります。たまに負債が多くて大変な方が亡くなられてから、相続について悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?相続は放棄することも可能ですので、引き継ぎたくない相続は早めに処理をして相続をしないようにしましょう。相続放棄をするためには決められた機関の中で処理をする必要があります。ですので、なるべく早く法律相談をするようにしましょう。

相続放棄の処理が有効なのは「その方が亡くなられたと知ってから」3ヶ月以内です。ですので、亡くなられてから3ヶ月過ぎてその事実を知ったからといって慌てる必要はありません。落ち着いて早めに処理をしましょう。私も実際に親戚の人が亡くなってから相続放棄の手続きをしましたが、家庭裁判所に申述書を提出したりと結構色々と書類を書く事があります。債務の相続を逃れる為には、直属の家族が皆で手続きをする必要があります。亡くなった方の配偶者と子どもが相続を放棄すれば今度はその方のご両親が相続する事になり、さらにはご両親が相続放棄をすれば今度はその兄弟姉妹にという形になります。

法律関係は素人にはややこしいです。ですので、法律相談で法律のプロに相談に乗ってもらいましょう。